外壁調査をもっと簡単にBuilding Inspection with Drones

ドローンと画像解析ソフトによる
足場を組まない「低コスト」「短時間」「安全」な外壁調査
株式会社 東洋リペアサーベイ

新技術の活用New Technology

今まで外壁の劣化状況を確認するためには、壁面に足場やゴンドラを設置して調査する方法が一般的でした。

それにより、足場やゴンドラを設置して調査するための「高いコスト」や「組み立ての時間」が必要となり、人が調査するため「落下のリスク」も存在していました。そこで、ドローンや画像解析ソフトなどの新技術を積極的に活用することで、従来の調査方法と比べて、「低コスト」「短時間」「安全」な外壁調査を行うことができるようになりました。

東洋リペアサーベイとは

ドローンによる構造物の外壁調査Exterior Inspection with Drones

壁との距離を計測するセンサーと調査用のカメラを搭載したドローンを飛行させ、外壁のひび割れやタイル・モルタルの浮きの撮影を行います。そのため、足場やゴンドラを設置せずに約1日から3日で構造物の外壁調査撮影を実施することができます。

撮影データは画像解析ソフトウェアに取り込み、ひび割れの幅や損傷の有無をCAD図面に記録していきます。計測した劣化状況はお客様がご希望する仕様で報告書を作成いたします。

事業領域Business Field

導入の流れ

お知らせNews